広島の雨もり修理と屋根修理のことなら、雨漏り診断士在籍の屋根の専門店、やねやねやねへ!

スタッフブログ〜やねやねやねの日常をお届けします〜

横暖ルーフでお悩みの方へ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • スタッフ
Webマーケター梅木 亜祐美

 

横暖ルーフとはニチハ株式会社さんが出している
ガルバリウム鋼板の屋根材で
やねやねやねでもカバー工法の際は
横暖ルーフを使用して工事を行なっております。

過去のブログでも横暖ルーフの解説・紹介をしている
記事があるのでよければ参考にしてください。

●屋根リフォームを検討しているけど
 工期や値段が気になるあなたへ
 https://yane3.com/lp/yokodan/

●納得!やね屋が教える
 ガルバリウム鋼板屋根のホントとウソ
 https://yane3.com/column/9875/

●屋根やが教える!屋根リフォームで
 一番人気のガルバリウム屋根とオススメのメーカーは?
 https://yane3.com/column/15644/

 

横暖ルーフのラインナップ

横暖ルーフのラインナップをグレードの
高い順番から下記へ記載しております。

横暖ルーフαプレミアムS

横暖ルーフ プレミアムS

横暖ルーフ αS

横暖ルーフ S

 

注意!現在の供給状況について

2021年11月より材料の表面が
フッ素樹脂塗装の塗膜でできている

横暖ルーフαプレミアムS
横暖ルーフ プレミアムS 

は、フッ素樹脂原料の世界的な需給逼迫に伴い
生産を一時停止しているそうです。(2022年6月現在)

なので現在は横暖ルーフの上記のプレミアム
関する商品は取り扱いはありません。

なのでカバー工法を検討される際の選択肢としては
表面がポリエステル塗装の塗膜でできている

横暖ルーフαS
横暖ルーフS

こちらの2つからお選びしていただいてます。

プレミアムとの大きな違いは
表面上の塗膜の違いとなります。

ですが横暖ルーフ特有の遮熱鋼板と断熱材を一体成型した
『高機能金属屋根材』には変わりありません。

一般的な金属屋根材とは違い、軽量なので地震にも強く
一年を通して優れた断熱性能を発揮し、
充実の長期保証超高耐久なので安心してご使用いただけます

横暖ルーフαSと横暖ルーフSの違い

次に現在お取り扱いのある横暖ルーフαSと横暖ルーフSの
違いについて比較していきます。

横暖ルーフαS

ジョイント部分の機密性を高めた
構造を採用し
最大17mm厚の断熱材と
遮熱鋼板の組み合わせが
優れた断熱性能を発揮します。

本体仕様の一覧

保証
塗膜15年 / 赤錆20年 / 穴あき25年
仕様

遮熱鋼板採用 ・ 超軽量約5.0kg/m2 ・ 木造横葺き

色展開

4色 【ブラック ・ グリーン ・ ブラウン ・ ギングロ】

表面材

ポリエステル塗装高耐食GL めっき鋼板厚0.35mm

断熱材

硬質ウレタンフォーム

厚み

最大17mm 

重さ

3.8kg/

横暖ルーフS

 

遮熱鋼板と断熱材の一体成型で
抜群の耐久性能と遮熱性能を発揮する
「超高耐久横暖ルーフ」の
スタンダードモデルです。

本体仕様の一覧

保証
塗膜15年 / 赤錆20年 / 穴あき25年
仕様

遮熱鋼板採用 ・ 超軽量約5.0kg/m2 ・ 木造横葺き

色展開

3色 【ブラック ・ グリーン ・ ブラウン】

表面材

ポリエステル塗装高耐食GL めっき鋼板厚0.35mm

断熱材

硬質ウレタンフォーム

厚み

最大12mm 

重さ

3.7kg/

比較 

 

比較して大きく違っている点は色展開・厚み・重さになります。

横暖ルーフαSと横暖ルーフSにはジョイント部分の
厚みの違いが0.5mmあります。
横暖ルーフαSは横暖ルーフSと比べてジョイント部分の
気密性高め、断熱性を高めた製品になります。

重さは厚みが増した横暖ルーフαSの方が
若干重くなってますが他の金属屋根材に比べると
超軽量という点には変わりありません。

色展開は横暖ルーフαSの方が1色多く
ギングロ色をお選びいただけます。
また、ギングロ色は横暖ルーフαSのみの
限定色になっています。

実際の仕上がり

実際にやねやねやねで施工した際の写真となります。
横暖ルーフαS・横暖ルーフSのどちらも
色味の違いはありません。

ですが上記でもお伝えしたように
ギングロをお選びする際は
横暖ルーフαSのみの限定色になります。

日の差し方によって違う色味を味わえるのも
魅力の一つです!

ぜひ、ご参考にしてみてください。

ブラウン

ブラック

グリーン

ギングロ ※横暖ルーフαのみ

 

まとめ

スレート屋根の塗装を1回済んでいる方への
次のメンテナンスとしては今回ご紹介した
カバー工法をご検討していただければと思います。

理由としては1度目の塗装のように
2度目の塗装は下地も劣化が進んでいるので
持ちが良くありません。

横暖ルーフでの重ね葺きが
塗装に比べお得と言われる点では
長期間メンテナンスが不要になり
遮熱・断熱効果もあるため光熱費の削減にも
効果が期待できる点です。

実際にサンプルもご用意しておりますので
屋根にお困りの際はぜひ、一度ご相談ください(^ ^)

このブログを書いたスタッフ

梅木 亜祐美Webマーケター

キャンペーン

サービス一覧

雨漏り修理

点検・診断・調査

屋根のリフォーム

その他の対応

法人様向けサービス

お困りごとから探す

屋根修理について

施工の流れ

お客様の声

他社との違い

よくあるご質問

やねやねやねについて

会社概要

やねやねやねのお知らせ

代表挨拶

スタッフ紹介

会社情報

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表示

ブログ

やねやねやねスタッフブログ

屋根やが教える屋根コラム

動画チャンネル

スペシャルコンテンツ

選べる3つの修理プラン

屋根修理の目安フローチャート診断

ここまでやるの?!実録責任施工ストーリー

火災保険で0円で直します!?にご注意!

他社業者との比較もOKです!

施工事例

広島市中区の屋根修理・雨漏り修理

広島市南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市佐伯区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐北区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安芸区の屋根修理・雨漏り修理

広島市東区の屋根修理・雨漏り修理

広島市西区の屋根修理・雨漏り修理

広島県呉市の屋根修理・雨漏り修理

広島県安芸郡の屋根修理・雨漏り修理

広島県尾道市の屋根修理・雨漏り修理

広島県廿日市市の屋根修理・雨漏り修理

広島県大竹市の屋根修理・雨漏り修理

広島県東広島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県江田島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県竹原市の屋根修理・雨漏り修理

広島県三原市の屋根修理・雨漏り修理

広島県北広島町の屋根修理・雨漏り修理

広島県三次市の屋根修理・雨漏り修理

ご利用ガイド

動画チャンネル

今日の屋根工事

選べる3つの施工プラン

保証について

ポイントについて

お支払について

施工の流れ

お問い合わせ

代表直通ご意見窓口