広島の雨もり修理と屋根修理のことなら、雨漏り診断士在籍の屋根の専門店、やねやねやねへ!

屋根やさんが教える屋根のこと〜屋根コラム〜

【広島限定】雨漏り無料診断と点検で事前の対応を!台風シーズン、こんな屋根は要注意!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 伊名波 憲二
代表伊名波 憲二

【広島限定】雨漏り無料診断と点検で事前の対応を!台風シーズン、こんな屋根は要注意!


大雨や強風がともなう台風は、住宅に多くの被害をもたらします。

特に雨風から家を守る役割を果たしている屋根は台風の被害を受けやすく、広島でも台風シーズン後の屋根修理の依頼はとても多くなっています。

台風の被害を最小限に抑えるためにはどんなことに気をつければよいか、といった事前知識や情報が必要です。台風前に確認しておきたい屋根の状態や対策法についてお伝えしていきます。

台風の被害はこんなに怖い!事前の対策が必要なワケ

屋根が台風によって受ける被害にはさまざまなものがありますが、代表的なものは雨漏りと屋根材の飛散です。

台風がもたらす横殴りの雨は屋根に非常に大きなダメージを与えます。

経年などで屋根が劣化していると、たとえ少しのひび割れや隙間でも雨水が侵入して雨漏りを引き起こします。

台風が来てはじめて防水シートの損傷に気がつくことも多いです。また、瓦やスレートなどの屋根材が飛んでしまうこともあります。

このような状態になってしまうと葺き替えによるリフォームなど、大規模な工事が必要となることもあるため、被害を最小限に抑えるために事前の対策が必要になるんです。

台風シーズン、こんな屋根には要注意

屋根の台風対策には、事前の点検とメンテナンスが欠かせません。

ご自宅の屋根がこんな状態になっていたら、台風がもたらす暴風雨の影響を受けてしまう可能性が高くなります。

屋根材が割れている、欠けている

瓦屋根やスレート屋根、金属屋根かを問わず、屋根材に割れやひび割れ、欠けが生じていたり、ずれていたりする場合は注意が必要です。

さらに金属屋根の場合、錆びている場所や釘などの浮きがないか確認しておきましょう。

屋根がこのようなダメージを受けている状態では、正常な屋根よりも雨漏りや屋根材の飛散が起こりやすくなります。

 

 

棟板金が浮いている

棟板金とは、屋根のてっぺんで屋根材を繋ぎ合わせる金属製の山形の板のことです。

台風が過ぎ去ると、この棟板金の不具合に関するお問い合わせが非常に多くなります。

棟板金を固定している釘が緩んでいたり板金が浮いたりしていると、台風がもたらす強風によって板金が変形したり飛散するリスクが高まります。

 

 

漆喰が劣化している

漆喰は、瓦屋根において瓦同士を固定するために隙間を埋めているセメントのような溶剤のことをいいます。

経年などで漆喰が劣化すると、台風による瓦の飛散や落下、雨漏りを引き起こす原因となります。

漆喰部分にひび割れや剥がれが生じていないか、漆喰とともに瓦を固定する導線の緩みがないかチェックしておきましょう。

 

 

片流れ屋根

屋根材を1枚しか使用していない片流れ屋根には、雨水が流れやすいため雨漏りしにくいというメリットがあります。

しかし、強風によって軒下から強い風圧が加わった場合、他の形状の屋根とは異なり1枚の屋根材のみで耐えなければならないため、台風の影響をもっとも受けやすくなります。

台風前の事前対策がとくに必要となる形状だといえるでしょう。

 

土葺きの屋根

瓦屋根を葺く際に現在主流となっているのは、下地の上の木材へ瓦を引っ掛けてさらに釘などで固定する工法です。

ですが、昭和初期あたりまでは瓦を固定するために下地へ大量の土を載せる「土葺き」が主流となっていました。瓦を留めない工法であること、経年によって土が劣化すると耐久性が低くなることから、台風による強風で瓦が落下する可能性はとても高くなります。

また、土葺の屋根は重量があるため地震にも弱いとされています。

劣化が激しい場合は、台風前に余裕をもって葺き替えをおこなうのも選択肢の一つとなるかもしれません。

 

ガルバリウム鋼板屋根の下地が傷んでいる

ガルバリウム鋼板を使用した屋根は耐久性が高く、耐用年数は25〜30年と言われています。

そのためスレート屋根に比べると屋根材自体をメンテナンスする間隔は長くなりますが、屋根の下地層は先に傷んできてしまいます。

築10年以上が経っている場合は、台風前に下地に不具合がないか業者に確認してもらうことをおすすめします。


 

広島の台風シーズンに向けた点検で被害を最小限に抑えよう

台風が来るといっても被害を受けるかどうか分からないのに、事前の予防に費用と時間をかけるのはちょっと…と思われる方もいるかもしれません。

ですが、台風前に屋根の状態を確認しておくと、実際に起こりうる被害をある程度予測することができます。

事前の予防策として屋根工事をおこなうことで台風の被害を最小限に抑えることができ、結果的に小規模な工事で済むことも多いのです。

 

やねやねやねの見積もりには選択肢があるので安心

やねやねやねでは、広島市とその周辺エリアにお住いの方に向けた屋根の無料診断・点検をおこなっています。

雨漏り修理のプロである「雨漏り診断士」がご自宅へお伺いします。
台風後の修繕だけでなく、できるかぎり被害を抑えるための事前対策についてもお気軽にご相談ください。

やねやねやねではお客様のご要望やライフスタイルに合わせて工事のプランを選ぶことができるサービスをご提供しています。
お見積もりに選択肢があるため、台風の予防策のみの工事をご提案することも可能ですので、まずは一度お問い合わせください。

https://youtu.be/TIbcD-WLtA4
 

このブログを書いたスタッフ

伊名波 憲二代表

雨漏り診断士。累計3500件以上の屋根施工経験から広島の気候・風土、生活習慣といった地域特色からくる広島の屋根のステータスを知り尽くしている。同業の建築会社や施工業者からの相談も多く「屋根ドクター」「広島屋根トラブル最後の砦」と言われるほど。広島の屋根雨漏りの専門家。

キャンペーン

サービス一覧

雨漏り修理

点検・診断・調査

屋根のリフォーム

その他の対応

法人様向けサービス

お困りごとから探す

屋根修理について

施工の流れ

お客様の声

他社との違い

よくあるご質問

やねやねやねについて

会社概要

やねやねやねのお知らせ

代表挨拶

スタッフ紹介

会社情報

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表示

ブログ

やねやねやねスタッフブログ

屋根やが教える屋根コラム

動画チャンネル

スペシャルコンテンツ

選べる3つの修理プラン

屋根修理の目安フローチャート診断

ここまでやるの?!実録責任施工ストーリー

火災保険で0円で直します!?にご注意!

他社業者との比較もOKです!

施工事例

広島市中区の屋根修理・雨漏り修理

広島市南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市佐伯区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐北区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安芸区の屋根修理・雨漏り修理

広島市東区の屋根修理・雨漏り修理

広島市西区の屋根修理・雨漏り修理

広島県呉市の屋根修理・雨漏り修理

広島県安芸郡の屋根修理・雨漏り修理

広島県尾道市の屋根修理・雨漏り修理

広島県廿日市市の屋根修理・雨漏り修理

広島県東広島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県江田島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県竹原市の屋根修理・雨漏り修理

ご利用ガイド

動画チャンネル

工事進捗Web確認

選べる3つの施工プラン

保証について

ポイントについて

お支払について

施工の流れ

お問い合わせ

代表直通ご意見窓口