広島の雨もり修理と屋根修理のことなら、雨漏り診断士在籍の屋根の専門店、やねやねやねへ!

スタッフブログ〜やねやねやねの日常をお届けします〜

雨樋の役割とは? なぜ必要なのか?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 梅木 尚弥
屋根の専門家梅木 尚弥

雨樋の役割!!

雨樋の役割としてとてもシンプルに説明しますと、屋根に降った雨を軒先から漏れないようにする為となります。

 

雨樋がもし、無かった場合どの様な不具合が起きてしまうのかが大切な為、今回は不具合を詳しく説明していきたいと思います。

まず不具合は、大きく分けて3つあります。

  • 外壁及び基礎が痛んでしまう
  • 雨漏りしてしまう
  • 騒音になる

雨樋が壊れていたりしていても、自分が困っていないからと修理を後回しにする方はとても多いと思います。

そのような方にも 「 ヤバイ! 」 と思い、行動してみようと思える内容となっておりますので、是非読んで頂けたらと思います。

Ⅰ.外壁及び基礎が痛んでしまう

 

まずは写真をご確認ください

このような状態を見られた事があるかと思います。

何らかの原因で、雨樋から雨が漏れてしまい、地面または屋根に落ちた雨が弾けて外壁や基礎にあたります。

※雨が降る度に起こり、劣化はかなり進みます。

通常外壁に当たらない量の雨が当たってしまうので、短期間でこのような外壁へと変化(変色)していきます。

これは、ただ汚れているだけではなく、10~15年ほど保つ防水機能が短期間で効果がなくなってしまい、

すでに壁から雨を浸透している状況となっております。

※外壁にクラックが多数入ってしまう、雨漏りするケースは多いです。

大金をかけて塗装したのに、雨樋からオーバーフローする事を見て見ぬふりをしてしまったせいで、また塗装をしないといけない様になります。

自分が気付かない損害をもたらしてしまいます。

 

 

基礎や塀が外壁同様に変色や劣化してしまった写真となります。

こちらも、1階または2階の雨樋から雨が漏れてしまい起きた症状となります。

外壁同様に、雨樋から地面におちた雨が基礎に飛び散ってしまったのが原因です。

通常の雨では、軒先(屋根)が出ている為、構造的に基礎には雨があまり当たらないようになっております。

その為、 雨が降る度 に雨が大量にかかってしまう事で、基礎も外壁同様に劣化を速めてしまいます。

速めてしまう事で、やはり基礎の補修作業をやらなくて良い時期にやらないといけない事になりますね。

※基礎は、家の土台となる部分ですので、痛んでしまうと工事は必須となります。

Ⅱ.雨漏りしてしまう

先程述べた、外壁からの雨漏りもありますが、まずこちらの写真をご確認ください。

 

 

2階の雨樋から、1階の屋根に滝のように落ちるケースがあります。

その際、雨樋から漏れた雨がピンポイントに落ちてくるので、通常の雨量では入らない瓦と瓦の隙間に入ってしまい、

 

下記写真の様に雨漏りするケースも出てきます。

 

雨樋の不具合のお問い合わせより、雨漏りしてからのお問い合わせの方がとても多いです。

この場合、雨樋の工事だけではなく、屋根の補修作業や内装工事も追加される為、無駄な費用が掛かってしまいます。

※雨漏りは、早めに対応しないと、家の中の雨漏り箇所がどんどん増えていきます(木造は特に早い対処が必要です)

Ⅲ.騒音

下記写真の様に、特に板金屋根(倉庫)や波板(カーポート、ガレージ)等の屋根に、雨樋から落ちる雨の音は非常にうるさいです。

  

雨の日は、必ず「うるさいなぁ」と感じますが、同じようにお隣やお裏に住んでいる方々も実は思っており、

騒音は、ご自身だけではなく近所の方々にも迷惑をかけてしまうケースとなります。

実際に、自分の家だと思わず、急にお隣に言われて自分の家が原因な事に気付いて、問合せしてくる方もいました。

こちらも、雨樋だけの工事だけではなく、波板の補修作業やカーポートの清掃等が追加されるケースもあります。

※騒音も、早めに対処しないと近所との関係性や、夜眠れなくなってしまったりと、無駄なストレスが身体にかかってしまいます。

今、できることは何か?

まずご自身のお家の状態で2つの方に分かれると思います。

①すでに、雨樋がオーバーフローしている

②オーバーフローしているか分からない・してないと思う。

まず、①の方は雨樋が何故オーバーフローしているのかの 調査(点検) をお勧めします。

雨樋を直すには、お金もかかるし今は、、、、と悩んでいる方も多いと思いますが、原因次第では直すのではなく清掃だけですんだりと、思っていたより簡単に解消できるケースもあります。

その為、まずは雨樋工事の実績がある業者さんに診てもらい、原因を明確にする事が大切となります。

※雨樋の点検は屋根に上がるなどをし、上部からしっかりと確認してもらう事が大切です、下から見ただけでは推測にしかなりません!!

次に②の方は、雨の日にご自身の お家のチェック をする事をお勧めします。

雨の日に、家を見るのは皆さんする事が無いと思いますが、見れば新しい発見は多いと思います。

●雨樋を1~2階からオーバーフローしているところはないか?

●外壁に汚れが1箇所に固まってできているところはないか?

大切なお家なので、上記2点以外も気になる処を、しっかりと診てあげてくださいね。もし、ご自身ではよくわからなければ、①の方同様に業者依頼も良いです。

雨樋の役割 まとめ

雨樋がなぜ必要かが理解して頂けたかと思います。

現に、雨量も昔より上がってきており、それに伴い雨樋の大きさも大きいのが使用されているのが現状です(小さい軽の雨樋は徐々に非売品になっております)

特に雨樋は破損していても、直接自分にダメージがある訳ではなく、気付きにくい部分にもなります。

雨が軒先から漏れてしまうと、不具合があることを十分に理解し、屋根や壁だけではなく雨樋も気にしてもらえたらと思います。

お家の管理は、業者がするのではなく、住んでるご自身でしっかりと管理していくべきと思いますので、晴れの日も雨の日も大切なお家を是非診て上げて下さい。

雨樋の役割については以上となります。

是非、お問い合わせの参考にしてみてください。

今後とも、宜しくお願い致します。

 

このブログを書いたスタッフ

梅木 尚弥屋根の専門家

屋根の専門家。カープ観戦が大好き。広島の屋根の不安を0にするためお客様のお話をしっかりお伺いします。お客様の笑顔を見ることができる仕事にやりがいを感じます。

ブログカテゴリー

キャンペーン

サービス一覧

雨漏り修理

点検・診断・調査

屋根のリフォーム

その他の対応

法人様向けサービス

お困りごとから探す

屋根修理について

施工の流れ

お客様の声

他社との違い

よくあるご質問

やねやねやねについて

会社概要

やねやねやねのお知らせ

代表挨拶

スタッフ紹介

会社情報

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表示

ブログ

やねやねやねスタッフブログ

屋根やが教える屋根コラム

動画チャンネル

スペシャルコンテンツ

選べる3つの修理プラン

屋根修理の目安フローチャート診断

ここまでやるの?!実録責任施工ストーリー

火災保険で0円で直します!?にご注意!

他社業者との比較もOKです!

施工事例

広島市中区の屋根修理・雨漏り修理

広島市南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市佐伯区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐北区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安芸区の屋根修理・雨漏り修理

広島市東区の屋根修理・雨漏り修理

広島市西区の屋根修理・雨漏り修理

広島県呉市の屋根修理・雨漏り修理

広島県安芸郡の屋根修理・雨漏り修理

広島県尾道市の屋根修理・雨漏り修理

広島県廿日市市の屋根修理・雨漏り修理

広島県東広島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県江田島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県竹原市の屋根修理・雨漏り修理

ご利用ガイド

動画チャンネル

工事進捗Web確認

選べる3つの施工プラン

保証について

ポイントについて

お支払について

施工の流れ

お問い合わせ

代表直通ご意見窓口