広島の雨もり修理と屋根修理のことなら、雨漏り診断士在籍の屋根の専門店、やねやねやねへ!

スタッフブログ〜やねやねやねの日常をお届けします〜

屋根材に銅板を選ぶメリットとデメリットとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • スタッフブログ
代表伊名波 憲二

屋根材に銅板を選ぶメリットとデメリットとは?


日本の風土や気候に適しているとして古来より屋根材として使用されてきた銅板。
銅板屋根の特徴は、緑青(青緑色の錆)による自然な色合いと重厚感です。寺社仏閣の屋根がその代表といえるでしょう。
和風住宅よりも洋風の家を建てることが多くなった現代において、一般住宅の屋根に銅板が屋根材として使われることは少なくなりました。
とはいえ深みのある和の趣は銅板屋根ならではのもの。稀ではありますが、こだわりをもってお家の屋根に銅板を選ばれる方もいます。

耐久性抜群!銅板屋根のメリット


まずはじめに、屋根材として銅板を使うメリットを挙げてみます。
■銅板屋根のメリット
・耐久性、耐震性に優れている
・非常に軽量
・基本的にメンテナンスが不要
・趣のある自然な色合い
・柔軟性がある

銅板は軽量で耐久性に優れた屋根材として昔から数奇屋建築などの屋根に多く用いられてきました。
年月とともに緑青が生じることでさらに耐久性が増し、塗装の必要がないため寿命は60年以上とも言われています。そのため基本的にはメンテナンスが不要な屋根材だといわれています。
趣のある自然な色合いと加工性の高さも特徴で、デザインにも柔軟性があります。
価格がネック?銅板屋根のデメリット
メリットを見るといいところばかりの銅板屋根。デメリットはどこにあるのでしょうか?
■銅板屋根のデメリット
・価格が高い
・施工できる業者が少ない


軽量で耐久性が高くメンテナンスも不要な銅板屋根ですが、今ではほとんど見かけることはありません。その理由は、銅板屋根の価格の高さにあります。
化粧スレートやガルバリウム鋼板、日本瓦などの一般的な屋根材と比較すると、銅板屋根は約2~3倍の価格に設定されています。
そのため一般住宅における銅板屋根の需要はほとんどなく、実際に施工できる業者が少ないというのもデメリットとなるでしょう。
屋根材選びのご相談もお気軽に!
今回は、優れた耐久性と自然な風合いが魅力の銅板屋根をご紹介しました。
屋根材にはまだまだたくさんの種類があります。屋根のリフォームや新しくお家を建てる際には屋根材のメリットとデメリットをきちんと知っておきたいですね。
やねやねやねでは屋根材選びのご相談にもしっかりとご対応いたします。屋根のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせください!

このブログを書いたスタッフ

伊名波 憲二代表

雨漏り診断士。累計3500件以上の屋根施工経験から広島の気候・風土、生活習慣といった地域特色からくる広島の屋根のステータスを知り尽くしている。同業の建築会社や施工業者からの相談も多く「屋根ドクター」「広島屋根トラブル最後の砦」と言われるほど。広島の屋根雨漏りの専門家。

キャンペーン

サービス一覧

雨漏り修理

点検・診断・調査

屋根のリフォーム

その他の対応

法人様向けサービス

お困りごとから探す

屋根修理について

施工の流れ

お客様の声

他社との違い

よくあるご質問

やねやねやねについて

会社概要

やねやねやねのお知らせ

代表挨拶

スタッフ紹介

会社情報

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表示

ブログ

やねやねやねスタッフブログ

屋根やが教える屋根コラム

動画チャンネル

スペシャルコンテンツ

選べる3つの修理プラン

屋根修理の目安フローチャート診断

ここまでやるの?!実録責任施工ストーリー

火災保険で0円で直します!?にご注意!

他社業者との比較もOKです!

施工事例

広島市中区の屋根修理・雨漏り修理

広島市南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市佐伯区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐北区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安芸区の屋根修理・雨漏り修理

広島市東区の屋根修理・雨漏り修理

広島市西区の屋根修理・雨漏り修理

広島県呉市の屋根修理・雨漏り修理

広島県安芸郡の屋根修理・雨漏り修理

広島県尾道市の屋根修理・雨漏り修理

広島県廿日市市の屋根修理・雨漏り修理

広島県東広島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県江田島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県竹原市の屋根修理・雨漏り修理

ご利用ガイド

動画チャンネル

工事進捗Web確認

選べる3つの施工プラン

保証について

ポイントについて

お支払について

施工の流れ

お問い合わせ

代表直通ご意見窓口