広島の雨もり修理と屋根修理のことなら、雨漏り診断士在籍の屋根の専門店、やねやねやねへ!

施工事例一覧

大竹市の施工事例

大竹市で雨樋取り替え工事 M様邸

  • 2019.10.30
  • 広島県大竹市
  • M 様邸

雨どいからの雨漏りとなります

代表
伊名波 憲二

雨どいの不具合によりお庭が水浸しになっていましたので経年劣化も考慮し雨どいを取り替えております

その他お手伝いできることがございましたらいつでもお声掛け下さい。

よろしくお願いいたします。

サービス別の施工事例

雨漏り修理

屋根工事 強力棟 廿日市市佐方

  • 2021.9.16
  • 廿日市市佐方
  • N様邸

1階・2階部分の棟は全て強力棟に変更しています。また、2階の側面部分の瓦がずれていたこともあり調整後、コーキングにて瓦止めをしています。また、外壁にもクラックが生じており、放置してしまうとこちらも雨漏りにつながりますので、コーキングにて処理をしています。

屋根の専門家
梅木 尚弥

工事の受注いただき、ありがとうございました。

今回の工事では2階部分の雨漏りとのことでお問い合わせいただき
点検した際に、2階ののし瓦のズレや鬼首部分に
大きな隙間が生じていました。

今回は現状3段に積んであるのし瓦を、1段のがんぶり瓦のみの強力棟に
積み替えていきました。

強力棟にするメリットとしては、のし瓦を除く分、
軽量化され棟の高さも低くなるので
地震対策にもつながります。
見た目はシンプルな作りになりますが棟の中にある垂木は強力棟金具にしっかり
固定しているので揺れに強くなります。

また、がんぶり瓦を積んだ後には上からビスを打ち固定していますが
ビスもパッキンのついているパッキン付きビスを使用しているので
雨水が入らないようにしてあります。

棟からの雨漏りや台風などの災害で棟が崩れるケースはよく
あります。自然災害が増えてきているので強力棟にしていることで
災害対策にも繋がったのではないかなと思います。

また、住まいのことで何かありましたらお気軽に
お問い合わせくださいね!

経年劣化した雨樋が割れている状態の施工前

割れた雨樋の補修工事 呉市焼山

  • 2021.9.8
  • 呉市焼山
  • O様邸

雨樋のジョイント部分が経年劣化により割れてしまい雨水がポタポタ落ちている状態でした。今回はファストフラッシュとコーキングを使用して隙間を埋め防水処理をしています。

屋根の専門家
梅木 尚弥

今回はHPからのお問い合わせ、工事の受注いただき
ありがとうございました。

お問い合わせいただいた雨樋のジョイント部分を
確認していくと、経年劣化での割れが確認できました。

今回は『ファストフラッシュ』という防水シートと
コーキング材で補修をしていきました。

ファストフラッシュという商材は万能防水補修シート
とも言われていて金属・コンクリート・プラスチック
ガラスなど使用できる箇所が非常に多いです。

また、紫外線を浴びる屋外での使用も−40度から+90度までの
温度条件に対応しているのでシート自体のひび割れの心配なく
柔軟性があるのでとても万能です。

今回は割れてできている雨樋の隙間部分をファストフラッシュで
つなぎ、ファストフラッシュと既存の雨樋の継ぎ手部分から
雨水が漏れないよう、コーキングで内側・外側を処理しています。

雨樋の不具合は屋外で雨の降ったときにしか目に
つきにくいですが樋から漏れた雨水が地面に落ち
地面が砂などの場合は泥が飛び散るケースもあります。

雨の日、少し雨樋を気にしてみると今回のような
割れの症状に気づくことができメンテナンス
することができますよね!

また、お困りごとがありましたらご連絡お待ちしております!
この度はありがとうございました。

瓦をめくり、防水シートの劣化と雨漏りのシミがあることを確認

雨漏れによる瓦差し替え及び玄関屋根瓦棒塗装工事 広島市東区温品

  • 2021.9.8
  • 広島市東区温品
  • T様邸

瓦の割れから雨水が侵入して雨漏れしていたため、瓦を差し替え、その下の防水シートも新たなものに取り替えています。玄関上の瓦棒屋根も錆が非常に目立ち美観を損ねていることから錆止めを塗り、新たな塗料で中塗り・上塗りをして仕上がりました。

屋根の専門家
梅木 尚弥

今回はHPからのお問い合わせ、工事の受注いただき
ありがとうございました。

雨漏りをしているとのことでお問い合わせいただき、
現地で屋根に上がり確認させていただいたところ
数カ所瓦の割れがあることが確認できました。

また室内の雨漏り箇所に位置する瓦部分も割れが
生じており、瓦をめくると下地の上に引いてある
防水シートが劣化して破れている事と雨のシミを
確認できました。

補修内容としては瓦の割れている箇所の差し替えと
防水シートの劣化がすすんでいた2箇所は
新たな防水シートを引き、同様に瓦を差し替えました。

また玄関上の瓦棒屋根の部分も錆が進行しており
ましたので、一度表面の錆をやすりでケレン掛けを
していき、錆止め▶︎中塗り▶︎上塗りの順で塗装しました。

錆は放っておくと穴が空いてしまうので
錆止めを塗りしっかりメンテナンスできたので
よかったと思っております。

また、不備などありましたら駆けつけますので
お気軽にご連絡くださいね!

2階の室内雨漏れ 瓦屋根葺き替え工事 安佐北区可部

  • 2021.9.7
  • 広島市安佐北区可部
  • I様邸

2階の室内部分が雨漏りしている屋根の葺き替え工事を行いました。1階部分の屋根は差し替えが必要な部分の瓦を差し替えた状態となります。

屋根の専門家
梅木 尚弥

今回は2階部分から雨漏りしているとのことでお問い合わせ
いただき現地へお伺いしました。

全体的に屋根の劣化が進んでいました。
特に2階部分の雨漏れしている屋根に関しては下地の補修が
必要だったので2階部分の屋根のみ葺き替え工事の
プランを提案させていただきました。

実際に既存の瓦を撤去して下地を確認していくと下地が
抜けている箇所や傷みが進行してる箇所などを確認しました。

新たな木材でしっかり下地補修を行い、防水シートを引き込み
瓦を並べていく前に桟木という木材の棒を寸法を図り配置しています。

葺き替え工事はこの桟木に瓦を引っ掛けていきます。
屋根の低い軒先部分の瓦はサビないステンレスの
釘を使って固定しています。

また、1階部分の瓦が劣化している箇所も合わせて
差し替えをしています。
瓦のメリットとして、今回の様に傷んでいる箇所のみ
差し替えできるというところもあります。

スレート屋根などの屋根材の場合は重ねて並べ固定しているので
一枚のみの差し替えが難しいケースがあります。
その為、付近の傷みが生じていない屋根材も一緒に
差し替えなければならないこともあります。

屋根の一番高い棟の部分は1日目は土台部分の施工のみとなります。
土台を固定してシルガードが乾くのを待って
2段目以降の施工になるので次の日へ持ち越しての作業となります。

シルガードが乾く前にのし瓦を積み上げてしまうと
土台が固定されていないので崩れてしまうことがあるので
配慮しながら施工をしています。

また、今回は棟が5段積み上げてあるのでとても
高級感のある仕上がりにもなっています。

雨漏りの原因も解消できこれからは雨の日に億劫になる
心配はありませんね♪
また、瓦の差し替えのみ施工している1階部分の屋根にも
何かお困りごとが生じた際はご連絡頂ければと思います。

 

瓦屋根葺き替え工事 太陽光パネルを外した後の瓦葺き替え前

ソーラーパネル下からの雨漏りによる瓦屋根葺き替え工事 東広島市豊栄町

  • 2021.9.1
  • 東広島市豊栄町
  • O様邸

太陽光パネルの下にある瓦がずれ、雨漏りしている住まいの瓦屋根葺き替え工事を行いました。

代表
伊名波 憲二

この度はお問い合わせ・工事の依頼いただきありがとうございました。

今回のお客様はソーラーパネルを設置している屋根から
雨漏りしているとのことで修理希望のお問い合わせのご連絡でした。

今回は瓦の劣化もあるので瓦屋根の葺き替え工事を
提案させていただき施工をさせていただきました。

工事期間中は天気の難しい日が続きました。
瓦撤去後の天候が崩れることが多かったですが防水シートを
貼りその上からブルーシートをかけ雨天の対策を
しっかり取りながら工事を進めて参りました。

施工の流れとしてはソーラーパネルを外した後は既存の
屋根のてっぺん部分の棟を崩していきその後は片面ずつ
瓦を撤去しています。瓦の下に引いてある木材の下地に
傷みなど出ていない確認し新しい防水シートを引いて行きます。

桟木という木材を設置し、新しい瓦を桟木に引っ掛けて並べます。
この作業は屋根の片面ずつ施工を進めて行きます。

屋根の一番低い軒先部分の瓦はステンレス製の
釘を使用して固定して行きます。

また瓦を設置する際には金具を設置し道具の落下などを
避けるため安全面に考慮して行きます。
安全面に考慮することで職人自身、落ち着いた作業環境で
施工できています。

最後に棟部分の施工を進めて行きます。
棟部分の中にある白いものは『シルガード』というもので
乾くと水を吸わない優れものなのです。

また、鬼瓦部分には同線をくくりつけ下地と一緒に固定しています。

瓦を全て葺き替えたことと、屋根下地の状態も確認し
新しい防水シートを引いているのでこの先雨漏りの心配をせず
安心した暮らしが戻ってきたのではないかと思っております。

またなにかありましたら駆けつけますので
お気軽にご相談ください。

今回は施工の依頼をいただき誠にありがとうございました。

ベランダ手すりからの雨漏り補修工事  東広島市西条町

  • 2021.8.3
  • 東広島市西条町
  • S様邸

2階のベランダ部分の手すりが原因の雨漏れ補修工事

屋根の専門家
梅木 尚弥

この度はお問い合わせいただきありがとうございました。

今回のお客様は3年前から雨漏りに悩まされており他業者でも
散水調査をされていましたが、いまいち原因の掴めず
強めの雨がするたびキッチンの雨漏りに悩まされている
ということでお問い合わせいただきました。

あらかじめ、散水調査に別日でお伺いし調査をして
原因を判明し工事に取り掛かる流れとなっております。

前回の他業者の散水調査の方法や雨が降った際の
室内の雨漏れ状況などヒアリングさせていただき
何点かに的を絞り散水調査を進めていくと、
キッチンの上にあるベランダの手すり部分から
雨水の侵入が関係していることが判明しました。

なので今回の工事はベランダ手すりの根元部分の
カバーを一度外し既存のビスを一度取り出し、
ビスにコーキングをつけて再度打ち込みました。

※ビス自体にコーキングをつけることで隙間にしっかり充填されます。

コーキング後は、根元のカバーを再度取り付けていき雨漏りの急所部分の
防水処理は終了しました。

他にも施工箇所の付近には外壁に縦にひびが
入っている箇所などありましたので
そちらもコーキングを充填して防水処理をしています。

出窓部分の外壁と小庇の継ぎ手部分からも雨漏れするケースが
あるのでそちらもコーキング処理しています。

施工後はコーキングが乾くのを待ち、再度施工部分に
一定時間散水をし、室内に雨漏れがないか確認し
、雨漏れの症状が出なかったので防水処理が完了となりました。

今回、お客様の長年悩まれていた雨漏りの原因をしっかり掴み
補修することができ、とても嬉しく思います。

また、新たな雨漏れのケースを任せていただき
私たちの経験値ともなりました。

また、お困りのことがございましたらお声がけくださいね!

 

点検・診断・調査

施工前の波板状況

劣化が進んだ波板屋根の張り替え工事  広島市佐伯区

  • 2021.8.24
  • 広島市佐伯区
  • M様邸

劣化が進行していた波板の取り替え工事を行いました。

代表
伊名波 憲二

この度はお問い合わせいただきありがとうございました。

今回のお客様は以前も駐車場の屋根部分の波板張り替え工事を
していただいたお客様で今回は倉庫の庇屋根部分の波板が劣化し
割れや変色・劣化などが進んでいたため波板張り替え工事をしました。

既存の波板が硬質塩化ビニール素材のもので、
波板の中にガラス繊維が入ったものでした。
こちらの波板は通常の塩ビ波板よりガラス繊維を入れることで強度が
増す分、材料費が倍ぐらいかかってしまいます。
数年前まではこちらの波板が主流ではありました。

今回の工事で使用した波板材はポリカーボネートという
材料でプラスチック素材の中でも最高度の耐衝撃性を持っています。

材料費自体も以前使用していた硬質塩化ビニール素材のものより
手に取りやすく、耐久年数も既存の波板は3年〜5年程度でしたが
ポリカーボネートは7年〜10年ということでコスパの良いものとなりました。

工事の作業としては既存の波板を撤去し、フレームを清掃していきます。
波板のついていない状態の時には、普段清掃できない雨樋部分などの
箇所を念入りに清掃していきます。

新しい波板を取り付けた後は波板を同じ材質の波板フックを使用し
波板を止めて固定していきます。

こちらで作業は終了となります。

今回波板で使用しているポリカーボネートは
以前の塩ビのものと比べ20倍以上の強度があると言われてることと
耐久年数も長くもちのいいものとなりましたので
良いメンテナンスになったのではないかと思います。

また、何かあればお気軽にご連絡いただければと思います。

今回は工事のご依頼ありがとうございました。

 

 

 

ベランダ手すりからの雨漏り補修工事  東広島市西条町

  • 2021.8.3
  • 東広島市西条町
  • S様邸

2階のベランダ部分の手すりが原因の雨漏れ補修工事

屋根の専門家
梅木 尚弥

この度はお問い合わせいただきありがとうございました。

今回のお客様は3年前から雨漏りに悩まされており他業者でも
散水調査をされていましたが、いまいち原因の掴めず
強めの雨がするたびキッチンの雨漏りに悩まされている
ということでお問い合わせいただきました。

あらかじめ、散水調査に別日でお伺いし調査をして
原因を判明し工事に取り掛かる流れとなっております。

前回の他業者の散水調査の方法や雨が降った際の
室内の雨漏れ状況などヒアリングさせていただき
何点かに的を絞り散水調査を進めていくと、
キッチンの上にあるベランダの手すり部分から
雨水の侵入が関係していることが判明しました。

なので今回の工事はベランダ手すりの根元部分の
カバーを一度外し既存のビスを一度取り出し、
ビスにコーキングをつけて再度打ち込みました。

※ビス自体にコーキングをつけることで隙間にしっかり充填されます。

コーキング後は、根元のカバーを再度取り付けていき雨漏りの急所部分の
防水処理は終了しました。

他にも施工箇所の付近には外壁に縦にひびが
入っている箇所などありましたので
そちらもコーキングを充填して防水処理をしています。

出窓部分の外壁と小庇の継ぎ手部分からも雨漏れするケースが
あるのでそちらもコーキング処理しています。

施工後はコーキングが乾くのを待ち、再度施工部分に
一定時間散水をし、室内に雨漏れがないか確認し
、雨漏れの症状が出なかったので防水処理が完了となりました。

今回、お客様の長年悩まれていた雨漏りの原因をしっかり掴み
補修することができ、とても嬉しく思います。

また、新たな雨漏れのケースを任せていただき
私たちの経験値ともなりました。

また、お困りのことがございましたらお声がけくださいね!

 

ビルの屋上防水工事  呉市吉浦

  • 2021.8.2
  • 呉市吉浦
  • S様邸

劣化の進んだ屋上の下地補修および防水工事

屋根の専門家
貞宗 孝文

この度はお問い合わせ・工事の工事を受注いただきありがとうございました。

今回の工事では劣化が進んでいた屋上防水の補修工事をしました。

まず最初に、既存の防水の役目をしているゴムシートを撤去していきました。

シートの端部分やドレン周りもクレーパーやサンダーという器具を使用してゴムシートについてたのりやボンドを除去していきます。

土間の下地調整にはカチオン樹脂モルタルを使用し、ひび割れや不陸の調整をしていきます。

乾燥後はプライマーをしっかり塗っていきます。
この作業をすることで次に上から塗るウレタン防水の塗料が
より密着します。

防水層を作るためウレタン防水は2回に分けて塗布していきます。層の高さなどもレベルを調整しながら施工を進めていきます。

ウレタン防水が乾燥すると仕上げに保護塗料であるトップコートを塗っていきます。トップコートを塗布することで防水面を紫外線や風雨から守ってくれる役割を持ちます。

きちんと下地補修をした後に防水の処理をすることで
確実にお住まいの寿命は変わっていきます。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。
何かありましたらお気軽にご連絡ください。

 

屋上防水工事  廿日市市八坂

  • 2021.7.30
  • 廿日市市八坂
  • I様邸

劣化の進んだ屋上の下地補修および防水工事

屋根の専門家
梅木 尚弥

この度は数ある業者の中から、やねやねやねを選んでいただきありがとうございます。

今回の工事では屋上にあった既存の波板など解体撤去した後、
屋上の防水工事を行いました。

最初の作業としては、解体後スッキリした屋上を高圧洗浄で汚れなど落としていきました。

下地の補修が必要な箇所にはカチオン樹脂モルタルを使用して下地を補修しています。
こちらのモルタル材はプラスの電気を帯びている陽イオンが含まれていて、
コンクリート自体はマイナスの電気を帯びてる陰イオンのものとなるので
コンクリートにカチオン樹脂モルタルを塗布することで
陽と陰が磁石のように強力に引きつけ合い、より強固な下地になると言われています。

↓↓↓カチオン樹脂モルタルの詳しいブログはこちら↓↓↓
https://yane3.com/uncategorized/43298/

下地をしっかり処理した後にプライマーを塗り、防水塗料を1回目・2回目と作業を2回に分けて
塗布していきます。

防水塗料が乾いたことを確認後、仕上げ材となるトップコートを塗布して
計4回の塗装作業が完了となります。

また、外壁に生じていたひび割れや開口部の周りにコーキングをして
処理しております。

瓦屋根とは違い屋上防水の耐用年数は10年から15年と少し短いですが
今回のような適切なメンテナンスをすることで防水の長持ちに繋がり
住まいの方の安心にも繋がると思います。

また何かありましたらご相談でもかまいませんので
お気軽にお声がけください!

 

雨漏屋根修理 広島市西区田方

  • 2021.7.16
  • 広島市西区田方
  • Y様邸

雨漏れによる板金部の塗装工事および瓦屋根棟部分の瓦どめ工事

屋根の専門家
梅木 尚弥

この度はHPからのお問い合わせ・工事のご依頼いただきありがとうございました。

今回の工事では板金塗装と棟の瓦どめをして行きました。

板金部分は釘が浮いている箇所を確認しました。そこから雨水が侵入し、雨漏れに繋がっていることが考えられたので

浮いている釘を再度打ち込み、その上から変成シリコンを塗布して雨水が侵入しないようにしています。

次に板金の錆をケレン掛けをして落とし

錆止めを塗り、乾いたことを確認して上塗りの塗料で塗装しています。

次に瓦屋根の棟部分はコーキング材で上部分・両面に隙間のないように固定して処理しています。

この際も瓦がグレーだったため、コーキング材も合わせグレーの色にしています。

他にも工事中に気になった瓦のヒビが入っている部分なども処理しています。

今回は雨漏れしているとのことでご連絡いただき、屋根の怪しい箇所をメンテナンスすることができました。

また不具合などありましたらご連絡ください。

この度は工事を任せていただきありがとうございました。

屋根漆喰工事  広島市東区温品

  • 2021.6.7
  • 広島市
  • K様邸

雨漏れによる屋根テントシート貼工事

屋根の専門家
梅木 尚弥

この度はお問合せ・ご注文頂きありがとうございました。

屋根の点検では漆喰の剥がれや瓦のズレを確認しました。

漆喰の悪い箇所は剥がし、新たに漆喰を塗っています。瓦のズレは整えて、瓦どめをしています。

また、鬼首や接合部へのコーキングは屋根の色に合わせてカフェオレ色にしたので屋根に馴染んだ仕上がりになったのではないと思います。

他には、2階のステン線が残っている箇所がありましたので、瓦のズレ・浮き・割れの原因につながるため、今回カットしています。

また、お住まいに不安を感じることがありましたらお気軽にご連絡ください。

この度は誠にありがとうございました。

屋根のリフォーム

雨樋清掃及び屋根補修工事 東広島市高屋町

  • 2021.9.17
  • 東広島市高屋町
  • K様邸

ゴミが詰まりオーバーフローしている雨樋の清掃とずれ・割れの生じている箇所の部分補修を行い、その他瓦の割れている箇所は差し替えをし、天窓周りのコーキングを打ち替え、清掃も合わせて行っております。また、谷板金の水下にある板金の裏側に穴が空いていたのでコーキングにて未然に雨漏りの恐れがあり為、処理しています。

代表
伊名波 憲二

この度はお問い合わせ・工事の受注いただき
ありがとうございました。

今回は雨樋がオーバーフローしているとのことで
お問い合わせいただき現地で確認すると
雨樋のゴミの詰まりが確認できたので縦樋・軒樋含め
専用のパイプクリーナーを使用して清掃していきました。

また、雨樋にところどころ外れている箇所やズレている
箇所があったので雨樋専用の接着剤を使用して
補修しています。

また、点検時に屋根に上がった時に瓦の割れている箇所が
あったのでストック瓦を現地で加工し差し替えています。

天窓周りのコーキングの打ち替えと清掃も行っております。
普段清掃の難しい箇所ですが今回清掃できたので
またしっかりあかりを取り込めると思います。

雨漏りの観点から気になった箇所があり
谷板金の水下にある板金の裏手なのですが
穴が開いていた為、瓦と同色のコーキングを使用し
雨漏りの可能性を未然に防ぐ処理をしています。

今回、雨樋のお問い合わせでしたが屋根の気になる点を
メンテナンスできて良いタイミングで補修できたのでは
ないかと思います。

また、何かありましたらお問い合わせいただければと思います。
この度はご依頼いただきありがとうございました。

屋根工事 強力棟 廿日市市佐方

  • 2021.9.16
  • 廿日市市佐方
  • N様邸

1階・2階部分の棟は全て強力棟に変更しています。また、2階の側面部分の瓦がずれていたこともあり調整後、コーキングにて瓦止めをしています。また、外壁にもクラックが生じており、放置してしまうとこちらも雨漏りにつながりますので、コーキングにて処理をしています。

屋根の専門家
梅木 尚弥

工事の受注いただき、ありがとうございました。

今回の工事では2階部分の雨漏りとのことでお問い合わせいただき
点検した際に、2階ののし瓦のズレや鬼首部分に
大きな隙間が生じていました。

今回は現状3段に積んであるのし瓦を、1段のがんぶり瓦のみの強力棟に
積み替えていきました。

強力棟にするメリットとしては、のし瓦を除く分、
軽量化され棟の高さも低くなるので
地震対策にもつながります。
見た目はシンプルな作りになりますが棟の中にある垂木は強力棟金具にしっかり
固定しているので揺れに強くなります。

また、がんぶり瓦を積んだ後には上からビスを打ち固定していますが
ビスもパッキンのついているパッキン付きビスを使用しているので
雨水が入らないようにしてあります。

棟からの雨漏りや台風などの災害で棟が崩れるケースはよく
あります。自然災害が増えてきているので強力棟にしていることで
災害対策にも繋がったのではないかなと思います。

また、住まいのことで何かありましたらお気軽に
お問い合わせくださいね!

瓦をめくり、防水シートの劣化と雨漏りのシミがあることを確認

雨漏れによる瓦差し替え及び玄関屋根瓦棒塗装工事 広島市東区温品

  • 2021.9.8
  • 広島市東区温品
  • T様邸

瓦の割れから雨水が侵入して雨漏れしていたため、瓦を差し替え、その下の防水シートも新たなものに取り替えています。玄関上の瓦棒屋根も錆が非常に目立ち美観を損ねていることから錆止めを塗り、新たな塗料で中塗り・上塗りをして仕上がりました。

屋根の専門家
梅木 尚弥

今回はHPからのお問い合わせ、工事の受注いただき
ありがとうございました。

雨漏りをしているとのことでお問い合わせいただき、
現地で屋根に上がり確認させていただいたところ
数カ所瓦の割れがあることが確認できました。

また室内の雨漏り箇所に位置する瓦部分も割れが
生じており、瓦をめくると下地の上に引いてある
防水シートが劣化して破れている事と雨のシミを
確認できました。

補修内容としては瓦の割れている箇所の差し替えと
防水シートの劣化がすすんでいた2箇所は
新たな防水シートを引き、同様に瓦を差し替えました。

また玄関上の瓦棒屋根の部分も錆が進行しており
ましたので、一度表面の錆をやすりでケレン掛けを
していき、錆止め▶︎中塗り▶︎上塗りの順で塗装しました。

錆は放っておくと穴が空いてしまうので
錆止めを塗りしっかりメンテナンスできたので
よかったと思っております。

また、不備などありましたら駆けつけますので
お気軽にご連絡くださいね!

2階の室内雨漏れ 瓦屋根葺き替え工事 安佐北区可部

  • 2021.9.7
  • 広島市安佐北区可部
  • I様邸

2階の室内部分が雨漏りしている屋根の葺き替え工事を行いました。1階部分の屋根は差し替えが必要な部分の瓦を差し替えた状態となります。

屋根の専門家
梅木 尚弥

今回は2階部分から雨漏りしているとのことでお問い合わせ
いただき現地へお伺いしました。

全体的に屋根の劣化が進んでいました。
特に2階部分の雨漏れしている屋根に関しては下地の補修が
必要だったので2階部分の屋根のみ葺き替え工事の
プランを提案させていただきました。

実際に既存の瓦を撤去して下地を確認していくと下地が
抜けている箇所や傷みが進行してる箇所などを確認しました。

新たな木材でしっかり下地補修を行い、防水シートを引き込み
瓦を並べていく前に桟木という木材の棒を寸法を図り配置しています。

葺き替え工事はこの桟木に瓦を引っ掛けていきます。
屋根の低い軒先部分の瓦はサビないステンレスの
釘を使って固定しています。

また、1階部分の瓦が劣化している箇所も合わせて
差し替えをしています。
瓦のメリットとして、今回の様に傷んでいる箇所のみ
差し替えできるというところもあります。

スレート屋根などの屋根材の場合は重ねて並べ固定しているので
一枚のみの差し替えが難しいケースがあります。
その為、付近の傷みが生じていない屋根材も一緒に
差し替えなければならないこともあります。

屋根の一番高い棟の部分は1日目は土台部分の施工のみとなります。
土台を固定してシルガードが乾くのを待って
2段目以降の施工になるので次の日へ持ち越しての作業となります。

シルガードが乾く前にのし瓦を積み上げてしまうと
土台が固定されていないので崩れてしまうことがあるので
配慮しながら施工をしています。

また、今回は棟が5段積み上げてあるのでとても
高級感のある仕上がりにもなっています。

雨漏りの原因も解消できこれからは雨の日に億劫になる
心配はありませんね♪
また、瓦の差し替えのみ施工している1階部分の屋根にも
何かお困りごとが生じた際はご連絡頂ければと思います。

 

瓦屋根葺き替え工事 太陽光パネルを外した後の瓦葺き替え前

ソーラーパネル下からの雨漏りによる瓦屋根葺き替え工事 東広島市豊栄町

  • 2021.9.1
  • 東広島市豊栄町
  • O様邸

太陽光パネルの下にある瓦がずれ、雨漏りしている住まいの瓦屋根葺き替え工事を行いました。

代表
伊名波 憲二

この度はお問い合わせ・工事の依頼いただきありがとうございました。

今回のお客様はソーラーパネルを設置している屋根から
雨漏りしているとのことで修理希望のお問い合わせのご連絡でした。

今回は瓦の劣化もあるので瓦屋根の葺き替え工事を
提案させていただき施工をさせていただきました。

工事期間中は天気の難しい日が続きました。
瓦撤去後の天候が崩れることが多かったですが防水シートを
貼りその上からブルーシートをかけ雨天の対策を
しっかり取りながら工事を進めて参りました。

施工の流れとしてはソーラーパネルを外した後は既存の
屋根のてっぺん部分の棟を崩していきその後は片面ずつ
瓦を撤去しています。瓦の下に引いてある木材の下地に
傷みなど出ていない確認し新しい防水シートを引いて行きます。

桟木という木材を設置し、新しい瓦を桟木に引っ掛けて並べます。
この作業は屋根の片面ずつ施工を進めて行きます。

屋根の一番低い軒先部分の瓦はステンレス製の
釘を使用して固定して行きます。

また瓦を設置する際には金具を設置し道具の落下などを
避けるため安全面に考慮して行きます。
安全面に考慮することで職人自身、落ち着いた作業環境で
施工できています。

最後に棟部分の施工を進めて行きます。
棟部分の中にある白いものは『シルガード』というもので
乾くと水を吸わない優れものなのです。

また、鬼瓦部分には同線をくくりつけ下地と一緒に固定しています。

瓦を全て葺き替えたことと、屋根下地の状態も確認し
新しい防水シートを引いているのでこの先雨漏りの心配をせず
安心した暮らしが戻ってきたのではないかと思っております。

またなにかありましたら駆けつけますので
お気軽にご相談ください。

今回は施工の依頼をいただき誠にありがとうございました。

施工前の波板状況

劣化が進んだ波板屋根の張り替え工事  広島市佐伯区

  • 2021.8.24
  • 広島市佐伯区
  • M様邸

劣化が進行していた波板の取り替え工事を行いました。

代表
伊名波 憲二

この度はお問い合わせいただきありがとうございました。

今回のお客様は以前も駐車場の屋根部分の波板張り替え工事を
していただいたお客様で今回は倉庫の庇屋根部分の波板が劣化し
割れや変色・劣化などが進んでいたため波板張り替え工事をしました。

既存の波板が硬質塩化ビニール素材のもので、
波板の中にガラス繊維が入ったものでした。
こちらの波板は通常の塩ビ波板よりガラス繊維を入れることで強度が
増す分、材料費が倍ぐらいかかってしまいます。
数年前まではこちらの波板が主流ではありました。

今回の工事で使用した波板材はポリカーボネートという
材料でプラスチック素材の中でも最高度の耐衝撃性を持っています。

材料費自体も以前使用していた硬質塩化ビニール素材のものより
手に取りやすく、耐久年数も既存の波板は3年〜5年程度でしたが
ポリカーボネートは7年〜10年ということでコスパの良いものとなりました。

工事の作業としては既存の波板を撤去し、フレームを清掃していきます。
波板のついていない状態の時には、普段清掃できない雨樋部分などの
箇所を念入りに清掃していきます。

新しい波板を取り付けた後は波板を同じ材質の波板フックを使用し
波板を止めて固定していきます。

こちらで作業は終了となります。

今回波板で使用しているポリカーボネートは
以前の塩ビのものと比べ20倍以上の強度があると言われてることと
耐久年数も長くもちのいいものとなりましたので
良いメンテナンスになったのではないかと思います。

また、何かあればお気軽にご連絡いただければと思います。

今回は工事のご依頼ありがとうございました。

 

 

 

その他の対応

雨樋清掃及び屋根補修工事 東広島市高屋町

  • 2021.9.17
  • 東広島市高屋町
  • K様邸

ゴミが詰まりオーバーフローしている雨樋の清掃とずれ・割れの生じている箇所の部分補修を行い、その他瓦の割れている箇所は差し替えをし、天窓周りのコーキングを打ち替え、清掃も合わせて行っております。また、谷板金の水下にある板金の裏側に穴が空いていたのでコーキングにて未然に雨漏りの恐れがあり為、処理しています。

代表
伊名波 憲二

この度はお問い合わせ・工事の受注いただき
ありがとうございました。

今回は雨樋がオーバーフローしているとのことで
お問い合わせいただき現地で確認すると
雨樋のゴミの詰まりが確認できたので縦樋・軒樋含め
専用のパイプクリーナーを使用して清掃していきました。

また、雨樋にところどころ外れている箇所やズレている
箇所があったので雨樋専用の接着剤を使用して
補修しています。

また、点検時に屋根に上がった時に瓦の割れている箇所が
あったのでストック瓦を現地で加工し差し替えています。

天窓周りのコーキングの打ち替えと清掃も行っております。
普段清掃の難しい箇所ですが今回清掃できたので
またしっかりあかりを取り込めると思います。

雨漏りの観点から気になった箇所があり
谷板金の水下にある板金の裏手なのですが
穴が開いていた為、瓦と同色のコーキングを使用し
雨漏りの可能性を未然に防ぐ処理をしています。

今回、雨樋のお問い合わせでしたが屋根の気になる点を
メンテナンスできて良いタイミングで補修できたのでは
ないかと思います。

また、何かありましたらお問い合わせいただければと思います。
この度はご依頼いただきありがとうございました。

経年劣化した雨樋が割れている状態の施工前

割れた雨樋の補修工事 呉市焼山

  • 2021.9.8
  • 呉市焼山
  • O様邸

雨樋のジョイント部分が経年劣化により割れてしまい雨水がポタポタ落ちている状態でした。今回はファストフラッシュとコーキングを使用して隙間を埋め防水処理をしています。

屋根の専門家
梅木 尚弥

今回はHPからのお問い合わせ、工事の受注いただき
ありがとうございました。

お問い合わせいただいた雨樋のジョイント部分を
確認していくと、経年劣化での割れが確認できました。

今回は『ファストフラッシュ』という防水シートと
コーキング材で補修をしていきました。

ファストフラッシュという商材は万能防水補修シート
とも言われていて金属・コンクリート・プラスチック
ガラスなど使用できる箇所が非常に多いです。

また、紫外線を浴びる屋外での使用も−40度から+90度までの
温度条件に対応しているのでシート自体のひび割れの心配なく
柔軟性があるのでとても万能です。

今回は割れてできている雨樋の隙間部分をファストフラッシュで
つなぎ、ファストフラッシュと既存の雨樋の継ぎ手部分から
雨水が漏れないよう、コーキングで内側・外側を処理しています。

雨樋の不具合は屋外で雨の降ったときにしか目に
つきにくいですが樋から漏れた雨水が地面に落ち
地面が砂などの場合は泥が飛び散るケースもあります。

雨の日、少し雨樋を気にしてみると今回のような
割れの症状に気づくことができメンテナンス
することができますよね!

また、お困りごとがありましたらご連絡お待ちしております!
この度はありがとうございました。

雨漏りによるテントシート補修工事  広島市南区宇品

  • 2021.5.21
  • 広島市
  • K様邸

雨漏れによる屋根テントシート貼工事

屋根の専門家
梅木 尚弥

この度はご注文頂きありがとうございました。

室内に雨漏れしてるとのことでお問い合わせをいただき、お客様とのヒアリングを重ね、ご希望にあった施工で雨漏りの補修ができたのではないかと思います。

また、お住まいのことで気になる点などございましらお気軽にご連絡いただければと思います。

この度は誠にありがとうございました。

波板張り替えおよび雨どい部分修理 広島市西区草津

  • 2021.3.1
  • 広島市
  • A様邸

波板取り替え工事及び雨どい部分修理

代表
伊名波 憲二

この度はご注文頂きありがとうございました。

お隣の駐車場に波板が隣接していることもあり、早急に波板の取り替え工事の方完了できよかったです

また、お家のことで気になることが出てきましたら、是非お気軽に私にお声掛け下さい。

この度は誠にありがとうございました。

安芸郡熊野町でカラーベスト屋根塗装工事

  • 2020.12.21
  • 安芸郡熊野町
  • H様邸

カラーベストの劣化により防水がなくなっておりましたので、屋根塗装を施し美観及び防水を復旧しております。

代表
伊名波 憲二

このたびは屋根塗装工事の方ご依頼いただきありがとうございます

高圧洗浄できれいに汚れを落とし、しっかりと塗料を塗っております

玄関ドアも長く維持できるよう材料を選別し仕上げております

その他お気づきの点ございましたらいつでもお声掛け下さい。

この度は誠にありがとうございました。

広島市安佐北区で板金屋根塗装及び屋根コケ掃除

  • 2020.11.6
  • 広島市安佐北区
  • S様邸

板金屋根のサビや屋根瓦のコケ汚れなど気になるところを部分修理

代表
伊名波 憲二

以前からずっと気になっていた玄関上の板金屋根のサビや北面、西面等の屋根瓦の苔汚れを、塗装と掃除できれいにさせていただきました

その他お気づきの点ございましたらいつでもお声掛け下さい。

この度は誠にありがとうございました。

法人様向けサービス

ビルの屋上防水工事  呉市吉浦

  • 2021.8.2
  • 呉市吉浦
  • S様邸

劣化の進んだ屋上の下地補修および防水工事

屋根の専門家
貞宗 孝文

この度はお問い合わせ・工事の工事を受注いただきありがとうございました。

今回の工事では劣化が進んでいた屋上防水の補修工事をしました。

まず最初に、既存の防水の役目をしているゴムシートを撤去していきました。

シートの端部分やドレン周りもクレーパーやサンダーという器具を使用してゴムシートについてたのりやボンドを除去していきます。

土間の下地調整にはカチオン樹脂モルタルを使用し、ひび割れや不陸の調整をしていきます。

乾燥後はプライマーをしっかり塗っていきます。
この作業をすることで次に上から塗るウレタン防水の塗料が
より密着します。

防水層を作るためウレタン防水は2回に分けて塗布していきます。層の高さなどもレベルを調整しながら施工を進めていきます。

ウレタン防水が乾燥すると仕上げに保護塗料であるトップコートを塗っていきます。トップコートを塗布することで防水面を紫外線や風雨から守ってくれる役割を持ちます。

きちんと下地補修をした後に防水の処理をすることで
確実にお住まいの寿命は変わっていきます。

ご依頼いただき誠にありがとうございました。
何かありましたらお気軽にご連絡ください。

 

代表
伊名波 憲二

この度はご注文頂きありがとうございました。

何度か雨どいの掃除に呼んでいただきましたが、形状上どうしても掃除しきれない箇所が毎回出ていました

今回はその長年の悩みを解消すべく、折半屋根のカット及び雨どいの取り替えを行いました

雨漏りの不安を少しでも安心に変えることができればと思います

その他、お家のことで気になることが出てきましたら、是非お気軽に私にお声掛け下さい。

この度は誠にありがとうございました。

工場折半屋根貫通部からの雨漏り処理 三原市

  • 2020.5.22
  • 三原市
  • F社様

工場折半屋根からの雨漏り

代表
伊名波 憲二

この度はご注文頂きありがとうございました。

工場の屋根と言うことで面積も大きく大きい工事はなかなか時間もかかるものです。大規模修繕はしっかりと計画を立ていかれると思います。

今回の工事は少ない費用での延命になりますが、5年前後は耐久性があると思われます。

その他、お家のことで気になることが出てきましたら、是非お気軽に私にお声掛け下さい。

この度は誠にありがとうございました。

庇補修工事 西区小河内町でマンション庇補修 M様

  • 2020.1.31
  • 広島市西区
  • M様マンション

RC造 マンション 庇 補修

屋根の専門家
貞宗 孝文

RC造マンションの庇欠落の修繕を行わせて頂きました。既存コンクリートの処理を行い、軽量化を図るため下地を木組で作成しケイカル板にて形成致しました。

雨がかり部分には壁面にガルバニウム鋼板を取付、屋根面はウレタン防水にて仕上げております。

工事のご依頼を頂きまして、誠に有難う御座いました。

外壁からの雨漏り修理 T様邸

  • 2019.6.22
  • 広島県広島市安佐北区三入
  • T 様邸

ビルの外壁からの雨漏りとなります。

代表
伊名波 憲二

この度はビルの雨漏り修理の方任せていただきありがとうございます。

 時間をかけて点検し作業に入っております。

コーキングや防水処理をしっかりとさせていただいております。

その他お手伝いできることがございましたらいつでもお声掛け下さい。

よろしくお願いいたします。

斜壁からの雨漏り修理 N様邸

  • 2019.6.8
  • 広島県広島市安佐南区大町
  • N 様邸

ビルのサッシ周りからの雨漏りとなります

代表
伊名波 憲二

この度はビルの雨漏り修理の方任せていただきありがとうございます。

 6階と言う高さもあり、高所作業車での目一杯の高さです。目地コーキングや防水処理をしっかりとさせていただいております。

その他お手伝いできることがございましたらいつでもお声掛け下さい。

よろしくお願いいたします。

他の地域の施工事例一覧

やねやねやねについてコンテンツ一覧

施工の流れ

他社との違い

「責任施工」をお約束します

保証について

お客様の声

よくあるご質問

こちらも合わせてご覧ください

キャンペーン情報

よくあるご質問

工事進捗ブログ

保証について

ポイントについて

お支払について

施工の流れ

お困りごとから探すサービス

急な雨漏り

他業者の見積に不安

天井に雨染みが

原因がわからない雨漏り

雨漏り修理をしても
雨漏りが止まらない

応急処置だけして欲しい

屋根が古くなった

屋根のコケや掃除

離れた実家や空き家の
雨漏り修理

価格別で見る施工事例

お客様の声71件掲載中

やねやねやねが
お客様に選ばれる
3つのメリット

雨漏り修理の専門家がすぐ来る!即実対応!

雨漏り修理の専門資格を持った専門家がお問い合わせ後即お伺い。無料診断を実施します。いきなり契約を迫る等の営業も一切なく、専門家としてお客様のお困りごとに寄り添った対応をいたします。

選べる3つの補修プラン
で安心の適正価格!

お客様のご予算や今後のライフプランなどに応じ最適なプランを3つのコースからお選び頂ける修理プランをご提示いたします。見積り金額等も適正価格をご提示し納得の施工金額を遵守いたします。

確実に止める責任施工と施工保証で任せて安心!

やねやねやねの施工は全て「責任施工」。施工させて頂いた後万が一雨漏り等が再発した場合止まるまで確実に対応。追加費用も一切頂きません。保証プランもありますので安心してお任せください。

やねやねやねスタッフブログ

屋根やさんが教える屋根のこと〜屋根専門コラム〜

やねやねやね代表のご挨拶

私たち「やねやねやね」はどこにもない 唯一無二の屋根やを目指します。

『やねやねやね』は、伊名波(いなば)が一人でスタートした屋根修理・雨漏り修理専門の会社です。私自身、屋根の仕事に携わることが好きですが、なにより「お客様に喜んで頂ける」ことが一番嬉しいことです。その一心でここまで来ましたが、嬉しいことに私の想いに共感してくれる仲間も増え、これからも広島の雨漏り修理、屋根修理で一番の存在になれるよう、一人でも多くのお客様に喜んで頂ける仕事をコツコツ積み重ねていきたいと思います。
広島の雨漏り修理・屋根修理をやねやねやねが『唯一無二のサービス』へ変えていきます。

スタッフ紹介

よくあるご質問

雨漏り修理、屋根修理の際に、お客様からよくいただくご質問をまとめています。

数年前に他の業者さんに依頼して屋根の塗装をしたばかりなのに雨漏りしたのですが

良くご相談頂くケースです。屋根の専門知識を有していない施工業者の場合は塗装だけで終わってしまい、その後雨もりになってしまうケースが後を絶ちません。

屋根の塗装は雨もりの知識を充分に有している業者かどうか、きちんと見極めが必要です。

 

他の業者と見積を比較検討しても良いですか?

はい、もちろん構いません。他の業者様がどのような内容で、やねやねやねはどのような提案だったのか。金額面もそうですが施工の内容や施工技術、アフターメンテナンス含め充分にご検討ください。セカンドオピニオン的なご相談などもお受けしています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

 

工事中は差し入れなどの対応は必要でしょうか?

お気遣いありがとうございます。外での作業で、屋根の上の作業となりますので、天候にも工事の進み具合は左右されるので、職人含め仕事の段取りを見て休憩時間など取らせて頂いておりますのでお気遣いなく。

外出なども自由にしていただいて構いません。

自分で応急処置をしたいのですが、やり方を教えてもらえますか?

基本的にはお問い合わせ頂ければご説明いたしますが、屋根の上の作業ですので転落事故等の観点からあまりオススメはいたしません。

もしお客様ご自身で応急処置をされる場合は充分に安全確保を行った上で行ってください。屋根のプロでも安全面を考慮し、一人で作業することはほとんどありませんし、普段から充分に安全面に配慮して作業を行っております。

支払いの方法を教えてください

お支払は以下の3つの方法でお支払頂けます。

  • 現金でのお支払(集金にお伺いします)
  • お振込
  • リフォームローン

詳しくは「お支払について」のページをご覧ください。

施工後の保証はありますか?

もちろんあります。
やねやねやねの施工は全て「責任施工」という1年間の施工保証がついています。

そのほか施工のコースにより5年保証、10年保証もあります。詳しくは「保証について」のページをご覧ください。

その日のうちに来てもらえますか?

はい、お伺い可能です。
繁忙期などでどうしても当日にお伺いできないこともありますが、基本的には即日のお伺いが可能です。
ご要望の日時に合わせてお伺いも可能ですので、お問い合わせの際にお伺い日時等ご相談ください。

1分で見れる動画でQ&Aもあります

敷地が狭いのですが足場の設置は可能ですか?

屋根工事に足場の設置も必要ですか?

3つの施工プランはそれぞれどのような内容ですか?

応急処置だけでも対応してくれますか?

離れた実家の屋根の点検をお願いしたいのですが

雨漏り診断士とは?

雨漏り診断士とはなんですか?

やねやねやねのサービス一覧

キャンペーン

サービス一覧

雨漏り修理

点検・診断・調査

屋根のリフォーム

その他の対応

法人様向けサービス

お困りごとから探す

屋根修理について

施工の流れ

お客様の声

他社との違い

よくあるご質問

やねやねやねについて

会社概要

やねやねやねのお知らせ

代表挨拶

スタッフ紹介

会社情報

プライバシーポリシー

特定商取引に基づく表示

ブログ

やねやねやねスタッフブログ

屋根やが教える屋根コラム

動画チャンネル

スペシャルコンテンツ

選べる3つの修理プラン

屋根修理の目安フローチャート診断

ここまでやるの?!実録責任施工ストーリー

火災保険で0円で直します!?にご注意!

他社業者との比較もOKです!

施工事例

広島市中区の屋根修理・雨漏り修理

広島市南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市佐伯区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐北区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安佐南区の屋根修理・雨漏り修理

広島市安芸区の屋根修理・雨漏り修理

広島市東区の屋根修理・雨漏り修理

広島市西区の屋根修理・雨漏り修理

広島県呉市の屋根修理・雨漏り修理

広島県安芸郡の屋根修理・雨漏り修理

広島県尾道市の屋根修理・雨漏り修理

広島県廿日市市の屋根修理・雨漏り修理

広島県大竹市の屋根修理・雨漏り修理

広島県東広島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県江田島市の屋根修理・雨漏り修理

広島県竹原市の屋根修理・雨漏り修理

広島県三原市の屋根修理・雨漏り修理

広島県北広島町の屋根修理・雨漏り修理

広島県三次市の屋根修理・雨漏り修理

ご利用ガイド

動画チャンネル

工事進捗Web確認

選べる3つの施工プラン

保証について

ポイントについて

お支払について

施工の流れ

お問い合わせ

代表直通ご意見窓口